♫ママ&パパのピアノ初心者講座

♫ママ&パパのピアノ初心者講座

 

 
 

 

 子どもにピアノを習わせたけれど、または、これから習わせたいのだけれど、

 音楽はちょっと苦手、よくわからない、子どもがうまくやっていけるか心配、

 というママとパパへ。


 ご安心ください。わかりやすいピアノ初心者講座を開講中です。

 もちろん、どなたも無料でご覧ください。

 

 

▼スタート!!

1)準備

♪ピアノ選び

2)練習

♪初めの一歩

♪初めての壁

♪リズム

3)理論

♪基礎楽典

 

 

 

❤ピアノ選び

❤ピアノ選び 

楽器屋へ行きピアノに直接触れてみましょう。
ピアノ初心者ママ&パパなんだから違いなんかぜ~んぜん分からないですよね・・・
楽器屋さんの説明を聞くのもいいことだと思います。
購入した際、ピアノに不具合があったらすぐに相談もできますしね。
そういった理由から、大手量販店もいいかもしれません。
サービスも行き届いていそうですし。
 または信頼のおける通販を探して購入するのもいいと思います。
さて、「楽器屋さんに行くにはどんな服装で行ったらいいんですか?」という質問には、「普段着でいいでしょう」さあ、ガンバッテいいピアノ選んできてね!


 

デジタルピアノ(電子ピアノ)と
アコースティックピアノと
キーボード
 

 デジタルピアノは電子回路を用いたピアノ型の楽器のことです。
停電の時は練習ができませんが、深夜でも早朝でもヘッドホーンを装着することで周囲に気兼ねなくピアノが弾けます。マンションなど集合住宅にお住いの方にはお勧めのピアノです。できれば、タッチレスポンス機能(指のタッチの強弱で音量が変わる)とダンパーペダル(打鍵した音を長くする)が付いていて、88鍵盤のデジタルピアノを選択するようにしましょう。
 
アコースティックピアノは生ピアノ(本物のピアノのこと)です。アップライト型とグランド型があります。ミュージックランドには両方あります。ピアノを習うのであればピアノを持つことが理想ですが、住宅事情もあると思いますのでその辺は各家庭で判断したら良いでしょう。新品は特に問題ないでしょうが、中古を購入する際は、金額の安さだけで判断してしまうと、後に調律代が高くついてしまいますのでご注意ください。ピアノは年に1回くらい調律をして使用します。調律代は1回1万円~2万円前後かかります。
 
キーボードは電気を通して使用します。種類はピンからキリまでありますが、一般的にコンパクトで持ち運びができて鍵盤が軽く、導入期くらいしか利用期間はないと思ってください。よく、子どものピアノがいつまで続くかわからないし、キーボードなら安くて場所も取らないから、という方がいらっしゃいます。そのお気持ちも理解できますが、キーボードとピアノの鍵盤は似ているようで、その奏法は全然違います。キーボードはちょっと触れただけで音が出てしまい、実はとても弾きにくいものなのです。できるだけ早くデジタルピアノかアコースティックピアノに切り替えた方が上達します。
 
 
 

♪練習

ピアノ初心者のママ&パパはピアノを前にして何をしたらよいか

途方に暮れますよね。

 

とりあえず、次のことをしてみましょう。

 

❤初めの一歩

 

1)ピアノの鍵盤を端から端まで弾いてみましょう。

  指は何を使ってもいいんですよ。

 

  白い鍵盤を弾いたら、黒い鍵盤もぜ~んぶ弾きましょう。

 

  どうですか?音が出たでしょう!

  ピアノは弦楽器や管楽器と違いチューニングをする必要がない楽器なので

  だれにでも簡単に音が出せるんです。

 

2)次は『ド』をさがせ!です。

 

  たくさんの鍵盤の中から『ド』を見つけてください。

  黒い鍵盤2つの左側の白い鍵盤が『ド』です。

  こんど、鍵盤の写真をアップしますから待っててください。

 

3)『ド』が分かった人は、すべての『ド』から音階『ドレミファソラシド』

  と弾いていきましょう。

 

  『ドレミファソラシド』と唱えながら弾くと調子がでますよ。やってみて!

 

4)自分でまたは、だれかに適当な音を言ってもらい弾けるかどうかやってみます。

  例えば、「ミ」と言ったら「ミ」を

      「ラ」と言ったら「ラ」をすぐ弾いてみます。

 

  なかなか見つけられない人は、鍵盤に『ドレミファソラシド』を書いた

  カードを立てたり(初めての基礎楽典の図参照)、シールを貼ったりして

  目印にしましょう。

 

 

 

♪初めての壁

君が代
君が代

♪初めての壁

 

≪君が代≫の楽譜ですね。

みなさん1度は耳にしている曲だと思います。

一応日本の中では有名な曲ではないでしょうか。

オリンピックソチ大会ではフィギュアスケートの

羽生結弦選手が日本唯一の金メダルを獲得し、

この≪君が代≫が全世界に流れましたね。

 

 

ママ&パパにはこれをピアノで弾く練習をしてもらいます。

たぶん、ですが、挫折する方も出てくる頃?かもしれません。

 

指は何を使ってもOKです。

ピアノの鍵盤とにらめっこしながら

何が何でもという強い気持ちで≪君が代≫にしましょう!

まず、中央のドを見つけて、その右隣のレから始まります。

ガンバレ!!

お子さんにきっと尊敬されます。

♪リズム

≪君が代≫に出てくる音符ですね。

 

リズムとは音の長さを順次並べたものと定義できます。

 

上段左から

1拍(タン)

2拍(ターアー)

0.5拍を2回(タタ)

 

下段2つの音符を左から続けて

1.5拍、0.5拍で(ターアタ)タで弾く、アは伸ばしている

 

 

むずかしいときは、≪君が代≫を口ずさんで弾いてみて!

 

 

き み が ー よ ー は - ち よ に ーー や ち よ に

       -   ラ     

 

さ ざ れ - い し の - い わ お と なーり て ー

   -   レ -    ソ  レ ―

 

こ け の - む - す - ま -- で ー 

  レ -       レ -

 

 

 

♪基礎楽典

楽典とは音楽の理論のことです。

 

ここでは、音階を学びましょう。

 

1、ホワイトボードに線が5本引いてあります⇒五線といいます。

 

2、五線上の左側にト音記号がいます。

 

3、赤い淵の玉が   これがピアノ中央のドになります。

  橙の淵の玉が 

  黄の淵の玉が 

  緑の淵の玉が ファ

  薄青淵の玉が 

  鼠の淵の玉が 

  紫の淵の玉が 

  赤い淵の玉が   というように線と間を順次上がっていきます。

            ド~ドまで8音で、1オクターブといいます。

 

≪君が代≫ではファは出てきません。

高いが多く出てきます。は1回出てきます。

 

さあて、ここまでくれば あとはお子さんと一緒に進むつもりで

お子さんのフルーツテキストを弾いていきましょう。

お子さんに遅れをとらないようにガンバレ!

わからないときは、お子さんにききましょう。

それが刺激となって、お子さんは練習を楽しくするようになります。